室内工事を以来することが出来る業者を探して利用する

電機機器を修理するには専門業者の力が必要

安全に交換する

延長タップで間に合わせる。

ネット上にはコンセント交換をDIYで、という恐ろしい情報を掲載している所があります。もちろん、資格を持っている人が安全に十分注意をはらってやるのは構わないのですが、無資格でやるのはダメです。 本来、コンセント交換などの電気工事には実技試験と学科試験に合格して得た資格が必要です。それ無しでコンセント交換をすることは法令違反です。さらに自分自身や近隣住民の家財や生命を危険に晒す可能性さえあります。消防庁の発表によると、漏電が原因とみられる火災がとても多いようです。 電器店に工事を頼まなくても、延長タップを使えば必要な場所に電源を引くことが出来ます。これは、何の工事も必要ないので簡単ですし、お金もたいして掛かりません。

延長タップは高性能。

今の延長タップはただのコンセントの延長というだけではありません。ノイズ除去機能や雷サージ防止機能などが付いている優秀なアイテムが多いのです。パソコンにノイズと雷サージはご法度ですから、コンセントから直接電源を取るよりも安全なのです。 これらの延長タップには差し込み口ごとにオンオフスイッチが付いています。これを使えば簡単に待機電流をカットすることが可能になり便利です。コンセントの抜き差しを頻繁にしている人がいたら、このタイプのタップを利用して下さい。何度も抜き差しすることは、面倒です。さらにコードを痛め、断線の可能性を高めてしまいます。 これらの延長タップ利用方法では対応できないコンセント交換があります。例えば100Vから200Vコンセントに変える場合などです。このようなときは、迷わず電器店に依頼しましょう。